0

プロフェッショナルは自信から


日本を代表する声優である野沢雅子さん、田中真弓さんの一番わかりやすい特徴は声の大きさです。

声優は声を商売道具にするので、この声の大きさはとても重要な要素です。

声優だけでなく声の大きな人はいつも元気で自信を感じます。

声の大きな人は長生きすることが多い事実からも、声の大きさの大切さを物語っているのではないでしょうか。

声が大きいことはそのまま自信に満ちていることにつながります。

仕事だけでなく恋愛や人間関係を円滑に進めるには自信が必要です。

そうです、声のプロフェッショナルの質を問われる要素は声量にあります。

たとえ声の醜美や特徴に自信がなくても声量があれば、仕事をもらえるかもしれません。

大きな声は聞いているだけで(限度があります)元気になったり明るいイメージを与えてくれるので、仕事仲間から受け入れられやすくなるのです。

オーディションでは程よく緊張して大きな声を意識するようにしましょう。

人は元気の良い人を悪く思うことはありません。

元気な声は意識するだけで出せるので、どんな声優にもできることだから。

まずは大きな声から。

0

どうして声優になることはむずかしいのでしょう?


声優専門学校へ進学したらそのまま声優になれると勘違いしている人が最近は結構目立ちます。

始めに言っておきますが、声優専門学校を卒業しただけでは声優になることができません。

声優専門学校を卒業するのは声優になるためのステップを踏むための基礎だと思ってください。

声優として一人前になるには、声優専門学校を卒業し、その後プロダクションの養成所に入所しなければいけません。

そこでは皆が声優を目指し日夜頑張っています。

その中で激しい競争を勝ち抜かないと初めてプロダクションに入り声優の卵となります。

しかし、ここに来ても安心はできません。

声優はプロダクションに入っても基本的には自分でチャンスを物にしていくしかありません。

ここまでくるのも一苦労なんて言葉では表しきれないほどの激戦です。

本気で声優になりたいと思っている人でもプロになるのは難しいです。

実力の他にも運やチャンスが必要です。

0

声優専門学校と養成所の違いは?


専門学校と養成所で学ぶことは基本的に差がないといわれていますが、声優専門学校はあくまで学校ですから、学生気分の人が多いとも言われています。

その点養成所は、専門学校よりかは本気で声優を目指している人が多い印象です。

声優を目指す上で声優専門学校に行くか、養成所に入るか、劇団に入団するかなどが主な方法です。

これをしなければ声優になれないということはないので、どの道が自分に合っているのかで選ぶといいのではないでしょうか?

ちなみに養成所は専門学校より、演技にかける時間が少し多い気がします。

そして将来入るプロダクションの選択肢がありません。

大体が養成所を運営しているプロダクションに入ります。

入りたいプロダクションが決まっている場合には養成所のほうがいいかもしれませんね。

また、専門学校の中には学内オーディションをしているところもあります。

そのような学校のオーディションでどこかの事務所のお眼鏡に叶えば、声優として大きな一歩を踏み出すことができます。

声をかけてもらえなかったら養成所のオーディションを受けて養成所に入らなければいけません。

0

専門学校は自分で選ぼう


よく将来はプロの声優になりたいです!

どこの専門学校に進学すればいいですか?

と、いう人がいますが、声優専門学校で習うことに大差はありません。

そのため、技術や知識に関してどこの声優専門学校に入っても究極変わらないです。

じゃあ、どのような点で進学する声優専門学校を選べばいいの?

と、いう疑問が出てくるかもしれません。

進学する専門学校はあなたの雰囲気と合うところを選ぶのがいいでしょう。

実際に資料を取り寄せて、その専門学校の見学や体験入学会に行くのがいいでしょう。

それをせず適当に評判がいいからという理由で学校を決めると後々後悔するのはあなたです。

自分の雰囲気とは違うからもう行きたくない!

と、最悪退学する人もいます。

学ぶ環境は実に大切です。

心からここに行きたいという学校が見つかるまで何箇所も専門学校を回ったほうがいいでしょう。

また、カリキュラムの編成や学内オーディションがあるかなども比較検討材料に入れておいたほうがいいでしょう。

声優オーディションがある学校はこちら

0

声優専門学校のいいところ


声優専門学校の良い所は、養成所に比べて入りやすいというところでしょうか。

やる気などが面接官に伝わればまず間違いなく落ちることはありません。

本当に面接で酷いことをしない限りは心配いらいないです。

そして、専門学校は周りがみな同じことに興味がある集団の集まりのようなものだからとても楽しいです。

毎日がきっと声優の話題で持ちきりになるほどです。

だから、小学校、中学校、高校に比べれば断然友人の幅は広がるでしょう。

これが楽しくてたまりません。

また、特徴なのかわかりませんが、声優専門学校に入学してくる人はとてもフレンドリーな性格の人が多いです。

でも、将来声優になりたいのなら当たり前なのかもしれません。

だからこそ、声優専門学校に入学をして友達ができないというのはあなた自身に何かしら問題があるかもしれません。

コミュニケーションが低いと声優としてやっていくのは無理です。

せっかくの専門学校という環境でなるべく早い段階で克服してしまいましょう。

0

声優専門学校からの就職の厳しさ


声優専門学校の悪いところはどこでしょう?

声優専門学校で、将来声優のなることに挫折を味わう人はすくなくありません。

卒業を目前にして声優への夢を諦めて一般企業に進む人も少なくないです。

あなたも絶対に声優になれるという保証はどこにもありません。

それでも、声優になりたいですか?

アルバイトとかけもちしながら根気よく人気が出るまで耐えられますか?

声優は言ってしまえば運です。

運がいいか悪いかです。

運がよければあっという間に声優として活躍してしまう人だっています。

しかし、それが珍しいんです。何人もそんな運よく行くわけがありません。

そのようなことも考えて声優専門学校に進みましょう。

進学して、就職時に後悔しても遅いです。

一般企業から見たら声優専門学校なんてよくわからないです。

その中で就職活動をしていかなければいけません。

でも、本当に声優になりたい人はそこで悩んだりしませんよね。

0

地方よりは都心で学んだほうがいいかも


声優という職業に人気が集まる中、中高生が声優を目指したい職業にしている人がとても多いです。

そのため、専門学校でも声優コースや学科を開設するところが増えています。

それにともない、地方でも声優の学校をよく見かけるようになりました。

少ないと感じるかもしれませんが、増えたんですよ。

だから、地方から声優を目指そうという人も増えたと思います。

ですが、落ち着いて考えると地方に声優の事務所ってありますか?ないですよね。

つまり、本気で声優を目指すなら遅かれ早かれ東京に出てこなければいけないんです。

都会といわれている大阪でさえ、東京に出てきたほうがいいといわれるくらいです。

東京にある声優専門学校は声優事務所と繋がりを持っているところが多いため学内オーディションを開催して声優になるための手段がたくさんありますが、地方の声優専門学校にはそれがまだ足りません。

声優専門学校で学んだら事務所に入るために養成所に入らなければいけませんが、ほとんどの養成所が東京です。

これは仕事自体が東京に密集しているためです。

本気で声優を目指すなら遅かれ早かれ上京は必須と考えてください。

0

初心を忘れずに!


どこの専門学校にも言えることなんですが、案外簡単に入れる風潮があります。

入り口がとても広いんです。

その為、専門学校に集まってくる人の温度差がまちまちという特徴があります。

本気でプロを目指しているひとから、なんとなく声優に興味があったから入った人もいます。

ここで共通しているのがどのような温度差でも声優に少なからず興味があることです。

だから、学校の皆で声優の話をしている時は楽しいと思います。仲間もできて遊びに行くこともあるいでしょう。

しかし、意識の低い人間に流されるようなことは合ってはいけません。

プロの声優になりたいから声優専門学校に入学したのにどんどん声優の勉強よりも遊んでいるほうが楽しいと思ってしまう人がいるのも現実です。

声優のレッスンは時には厳しいこともあるでしょう。

サボって仲間と遊んでいるほうが楽しいことも多いでしょう。

しかし、あなたは何のために声優専門学校に来ているのかを忘れないでもらいたいです。

親に高い学費を払ってきているのではないですか?

遊ぶことも確かに大切です。経験はあなたの演技に幅を作ります。

しかし、目標がずれてしまうと意味がありません。

初心を忘れてはいけません。

0

本気なら早い時期から動こう!


声優になりたいけど、どうしよう…。

なんて悩んでいるくらいなら声優にはならないほうがいいでしょう。

声優はそんな生半可な気持ちでなれる職業ではありません。

本気で声優を目指している人だって声優になることが難しい時代です。

一昔前は声優という職業はここまでしっかりと確立していなかったです。

劇団の若手がお金を稼ぐために声優という仕事をしていたという程度だったんです。

それが今では大人気の職業で、中・高校生に職業アンケートをとれば声優は確実にランクインしてきます。

それくらいに知名度も上がっています。そんな声優ですが、もし将来プロの声優になれるかなれないかわからなくても本気で目指したいというのなら行動は早めに起こしてまず間違いないでしょう。

声優は年々若年化している傾向があります。

これには、声優のメディア露出が原因ではないかと考えられます。

そのため、声優プロダクション側も歳がいっている人よりかは若い人間をオーディションでも取っている傾向があります。

0

基礎訓練が何よりも大事


声優としての基礎訓練は実に単調なものです。

場合によっては飽きてしまいます。

ここで我慢強い人は基礎訓練に飽きていても永遠に単調な基礎固めをコツコツとやることができます。

しかし、基礎訓練にも飽きてしまったから勝手にワンランク上の訓練を先にやってしまおう!と、安易な気持ちで次へ次へと進んでいくと後にまったく使いものにならない演技しかできなくなります。

だって、単調な基礎訓練に飽きたということはその基礎訓練を習得したということにはなりませんからね。

基礎訓練をしっかりと習得していない内に勝手に進んで、手当たり次第に訓練を積んでもダメな演技しかできなくなっているというわけです。

基礎ができていない状態で応用をいくらやたって意味がありません。

そして、あなたが自分の時間を無駄にしている間もひたすらコツコツ我慢強く単調な基礎練習をしていた人は次のステップに進んだ時も基礎があるのでその上に応用が積みあがっていきます。

適当に訓練をしていた人との差が明らかになります。基礎があるからこそ積み重ねられるものがあります。

そこを肝に銘じて声優の基礎練習を乗り切ってください。

Previous Page