声優の専門学校で保障してくれること


声優の専門学校に通っても、必ず声優になれるとは限りませんが、声優という職業を目指す上でベストな選択と言えます。

声優は誰もがなりたいからといってなれる職業ではないので、専門学校に通っていても通っていなくても、声優でご飯を食べていけるようになるのは稀なのです。

しかし、専門学校では、その稀な職業を身近にできるような学べる環境を、各種用意しているので、少し紹介したいと思います。

fukakachiman

①チャンスが多い

声優になるためには、役のオーディションに合格しなければなりません。

専門学校に通わずに声優を目指すとなると、一般公開されているような役のオーディションを受けなければならず、また、一般向けのオーディションは数が少ないので調べるのも大変で、合格するのは難しいでしょう。

しかし、専門学校では、オーディションの情報を調べる必要はなく、学校や友達からオーディションの情報が垂れ流しなので、声優デビューのチャンスが勝手に転がってきます。

そして、一般人向けのオーディションだけではなく、声優を目指して学校や養成所に通っている人を対象にしたオーディションも数多く存在しているので、オーディションの絶対数も多いです。

さらに、多くの専門学校では産学共同プロジェクトを行っており、声優の卵のうちからアニメの制作現場で仕事ができたり、運が良ければそのままデビューできたりする可能性があるので、おススメですよ。

②夢を語り合える

声優を目指して学校に通っていると、一般の人に夢を語ったり、相談したりなど、しにくいのではないでしょうか?

声優という職業はポピュラーな職業ですが、目指すとなると、まだまだ一般の人には理解されにくい職業です。

そのため、誰にも夢を語れず、相談もできずに、一人でもがいている人も多いでしょう。

学校に通うことで、夢を語り会える仲間を見つけたり、相談できる講師やスタッフ、友達もできます。

一人で声優を目指し続けて、ストレスや想いを内に溜め込んでしまうよりも、誰かに発散してスッキリとさせた方が良いのは明白ですよね?

③無駄のない努力

一人で声優になろうと思うと、ネットや本などで独自に練習方法を編み出して実践している人が多いでしょう。

しかし、ネットの情報は不確かなものも多いので、それらの方法が間違っている可能性だってあるのです。

その点、専門学校では、実際にアニメ業界で活躍する講師を取り揃えているため、声優になるためにはどんな努力が必要か熟知しています。

なので、一人で気張らずに専門学校で教えを乞うことも悪くありませんよ?